FC2ブログ

わ た る ん FXブログ♪

環境認識こそすべて・・・

0523

高値安値と移動平均線  








こんにちは!

今回は移動平均線について書きます。


自分もまだすべてを理解しているわけではありませんが、

現在の自分の活用方法などを説明できればと思ってます。

移動平均線といっても使い方は結構いろいろありまして、



①トレンドの方向。

②トレンドの勢い。

③売買タイミング。

④高値安値の認識。


といくつかあるわけなんですが、


今回は④番目の高値安値の認識について、解説したいと思います。

高値安値の認識をすることで①のトレンドの方向にもつながってきますが、

今回は高安値に焦点をあてたいと思います。

結論から言いますと、


普段、ブログでアップしている、トレード結果の高値安値をラインは

移動平均線の5MAを見て高値安値を判断しています。

正しくは5WMAの加重移動平均線を使っています。

移動平均線による高安値の判断は、

一旦固定化してしまえば、ぶれることなく高安値の判断ができ、

環境認識などの精度も上がるかと思います。



次に高安値を移動平均線で判断するようになった経緯ですが、


トレードを始めた頃、ダウ理論が大事である。

と、いろんなサイト、本に書いてあったんですね。

で、その中でもトレンドの方向、トレンドの継続の判断材料で使われる、

高値、安値。


まずはこの高値、安値の判断ができないとなにも始まらないんですね。

とにかく、高値安値なんです。。。

でも最初の頃ってどこが高値、安値?ってなるんですよね。

基準も自身の判断で、それが正しいのかもわからない。


なにかしら基準を設けないといけないわけなんですね。


だからといって、感覚的なものいけません。

ローソク足を見て、ここらへんが高値なんじゃないかな?なんて曖昧なものもまずいです。

で、ふと何かの本を見たときに移動平均線による高値安値の認識。なんてことが書かれてまして、


それを参考にやってみたところ、案外しっくりきたんですね。


それが移動平均線の山付近の一番高い位置にある、ローソク足を高値。

谷付近の一番低い位置にある、ローソク足を安値。とした考えです。

言葉で説明しても想像しにくいので画像で説明します。


MT4_20200523_105712.jpeg


5MAの山谷に沿って高安値にラインを引いてみました。

単純に山付近の一番高い位置にあるローソク足にラインを引き、そこを高値とします。

安値も同様に谷付近の一番低い位置にあるローソク足にラインを引き、安値とします。

案外、すぐに引けるかと思います。

簡単ですね。


あと、MT4の場合、ローソク足を消して移動平均線のみの表示が可能なので、

移動平均線のみの表示をしてみます。

MT4_20200523_105827.jpeg



かなり山谷が見やすく、これもまた、高安値のラインが引きやすいのではないでしょうか。


いつもトレードをする前はこの要領で高安値の切り上げ、切り下げを確認しています。


いわゆる、環境認識ってやつです。

そうしますと、結構頭の中も整理されて、

今、トレードができそうな通貨、できない通貨が

ある程度選定できるかと思います。


で、なぜ移動平均線の期間が5なのかということですが、

単純に自分のスタイルに合っているというのが答えになりますが、

もう少し深堀りします。

自分のトレードスタイルは1時間足で環境認識し、5分足でトレード。

というのがメインになります。


で、1時間足の波のどの部分を取りにいくのかということになり、

自分は、

MT4_20200523_110213.jpeg





この黄色の丸の波を取りにいってて、この波の認識に5MAがちょうどいいんですね。


中には5MAではなく、20MAの波を狙う方もいるかと思います。

その場合だと、

MT4_20200523_110417.jpeg


ピンクのラインが元々5MAで引いていた高安値です。

黄色のラインが20MAで認識した高安値です。

5MAより大きな波を見てるのがわかるかと思います。


なので20MAの場合、5MAより大きな波を見ているので、

長期保有でのんびりとしたトレードスタイルとなり、

大きく値幅を狙える可能性も出てきます。

例えば、1時間足の20MA基準でトレードした場合、

保有期間は1日以上になることも増えそうです。

デイトレではなく、スイングなど、長期保有のスタイルを好む方は、

移動平均線の期間を大きくして、大きな波を見てトレードするもの一つの方法ですね。


ただ、大きな波を見てるのでそれだけトレードチャンスが減る。

というデメリットもあるのでその点には注意が必要です。


基本的に使われる移動平均線の期間は5、8、20、21、25、75、100、120、200あたりですが、

自分に合う期間を上記から選び、使うのがいいと思います。

合うというのは、

保有期間、ライフスタイル、チャートの見やすさ。

そんなところでしょうか。



なんとなく高安値を判断されていた方も

移動平均線で高安値を判断する。というのがなにかの指針になればと思います。


ではでは。


日々、通貨毎の方向などつぶやいてます。
Twitterのフォローはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Posted on 2020/05/23 Sat. 16:18 [edit]

コメント: 0
TB: --

0519

本日のトレード2020.05.18  

MT4_20200519_185209.jpeg


本日の成績:+40.2pips、+119.4pips

こんばんは!

昨日トレードしましたので報告です。

USD/CAD 5分足

矢印でショートしました。

決済はレ点のポイントになります。

1つ目の決済は1時間足の直近安値、青の帯付近で決済です。

5分足では上の水平線とレ点が合致したポイントになります。

2つ目の決済はトレールとし、5分足の高値を上抜けしたところで決済としました。

5分足の下の水平線とレ点が合致したポイントで決済です。


それと認識です。

直近の1時間足は①~④と上昇トレンドです。

その後安値⑤は同値と認識してます。

で、高値⑥で切り下げとなり、

上昇勢いがなくなってきた可能性が考えられます。

なので再度高値切り下げが確認できたら売りエントリーということで、

高値⑧で入りました。

1つ目の決済である、青帯のポイントまでは下がりそうだったので、

そこで分割決済としましたが、下抜けしたら一気に下落しましたね。

かなり値幅がとれたのでよかったです。

ではまた報告します。


日々、通貨毎の方向などつぶやいてます。
Twitterのフォローはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Posted on 2020/05/19 Tue. 19:03 [edit]

コメント: 0
TB: --

0518

投資とMLMについて  








こんばんは!

久しぶりの更新になってしまいますが、

トレードのほうも元気に通常営業しております。


今回は題目の通り、投資の話とMLMの話をしたいと思います。

最初に断っておきますが、MLMが大好きの方は読まなくていいです。


というのも、ここ最近インスタを始めまして、

趣味の画像、動画をUPしたりして充実した日々を送っていました。

いわゆるリア充ってやつですw


一応インスタのプロフィールには投資やってますって文言を入れておいたんですね。


そしたら、ある日、若い男の子からいきなりDMが来まして、

投資に興味ありますか?って連絡がきました。


それはもちろん興味があるので、即答で興味ありますよ!!って返信。


どうやら日経225の先物取引らしいんですね。

とりあえず、紹介者を介して詳しい方が説明してくれるとのことで、Zoomで1時間程度説明会を行ってくれました。

ただこちらの音声はミュートで、説明者側の一方的な話で終わりでした。

質疑応答もなしです。



率直に、内容としてはまじでクソでした。。。


投資として扱われていた内容は日経225先物、株、バイナリーの短期売買。。。

いや、投資というより投機では?


日経225に関しては、

30年分のバックテストデータを見せられ、

トータルでプラスです!って自信満々。。。

トレードの方法はというと、

チャート上に矢印が発生するのでそれに従って取引してくださいとのこと。


バックテストデータの上部にRSI、ストキャスティクス、サイコロジカルって書いてあったんで、

そこらへんのテクニカル指標を参照して矢印を出してる可能性が高いですね。

株に関しては売買シグナルが発生したらLINEグループに通知が入る仕組みのようでした。

そして利益になった場合は利益額の30%を運営会社に献上。

損失になった場合は費用はかからないとのこと。

バイナリーに関しては直近の取引データを見せられ、特にトレード方法は言わなかったです。。。


つっこみたい部分がいくつかあるので列挙。


サインによるトレードができるのなら手動取引じゃなくて自動化したらどうなのかということ。

サイン(テクニカル指標)のみのトレードでプラスになるのか。

そもそもトレードはサインによるものだが、サインの根拠ってなんなの。例:ストキャスAとストキャスBがクロスしたらサインを出すなど

株に関しては利益になったら30%を手数料で払うという暴挙。

トレードタイミングは個人に委ねられているというより運営会社の指示でトレードしているので、

トレードに関しては成長しないプロセス。

そして日経225のトレードシステムはどうも特許申請をしているらしいのですが、

共有画面に記載されていた出願番号、整理番号をネットで調べたところ、特許申請自体されていませんでしたね。

そもそも情報商材ごときで特許はとれんだろ。


ここまでが投資?の話になります。


そしてここからが本編です。

共有しているスライドは本題のMLMへ。

いろいろ思うところはあるんですが、

上記の投資で儲けてるならMLMいらんだろって。

なんで投資+MLMのハイブリット方式みたいにしてややこしくしてるのかと。


単純に投資はつりでMLMがメインなんでしょうね。

逆説的に言うと、トレードのほうはプラスにならない可能性もありますね。



とにかくいくつか許せないことがあるのでそれも列挙。


投資を餌にしてMLMをするってのが許せない。

投資はそんな甘くないし、スマホで簡単取引とか無理。

投資が安く見積もられているのが許せない。

知識のない無知な若者が食い物にされているのも許せない。




ちなみに支払いコースは3パターンあるようで、

①\50,000コース バイナリーのみ

②\350,000コース バイナリー+日経225

③\800,000コース バイナリー+日経225+株

0が1つ減っても買いませんねw


最近の若者は金持ちですね。


で、説明が終わり、一旦申し込みをするかどうかを紹介者の男の子と話し合ってくれとのことで、

話し合い。


特にやる気もないですが、とりあえず気になる質問をいくつかぶつけてみました。


日経225ってなんの平均で動いてるか知ってる??

男の子「・・・」

日経225の取引でテクニカル指標が使われてたけど、ストキャスとかでサインを出しているのかな?

男の子「ストキャスってなんですか?」


この男の子はここの会員になって2年になるそうですが、

なんも知らんのですね。

いつになったら自立できるのでしょうか?



最近、SNSでのやりとりが増え、本当にわけのわからない情報が増えているように思います。


自身が知識をつけ、取捨選択できればいいのですが、

若い方は知識をつける前に話が来てしまい、断れない状況に陥ることも多々あると思います。


私自身も20代前半のころはそんな話が3つ4つはありました。

正直そのころの自分も断るのに時間がかかりましたし、申し込みしてしまったことも実はあります。


今回の場合、投資というキーワードもありますが、

もし仮にこのMLMで損失を被ると投資自体も嫌になる可能性があります。



せっかく将来のために投資で資産形成をするはずが、それすらできなくなります。


今回の件は、私自身も体験してみて、なにかすっきりしないというか、

とにかくブログで発信しようという思いに駆られました。


そしてもし、投資、MLMなどで嫌な思いをされた方がいるようでしたら、

一度連絡頂ければと思います。


相談に乗れること、なにか提案できることもあるかもしれません。


とにかく勉強する方向を間違えないでほしいです。



ではでは。

Posted on 2020/05/18 Mon. 19:55 [edit]

コメント: 0
TB: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top